ラベンダーを植える


ラベンダーを植える

ラベンダー

紫の花と独特のにおいが魅力的だ。北海道(富良野?)にはラベンダーのフィールドがあるとか。一度見てみたいものだ。

小低木。一応樹木類なんだ。ってことはずっと植えっぱなしでいいと。冬は落葉。

ラベンダーの品種

種類(園芸品種)も色々あるようだが、大げさな花のもの(フレンチラベンダー?)より花の小さな地味な品種が好きだ。原種がそうなのかどうかは分からない。『真正ラベンダー(イングリッシュラベンダー(コモンラベンダー))』、『スパイク・ラベンダー』、『ラバンジン』の3種類に大別?って聞いてもよく分からない。系統名と品種名。区別もつきません。

色々有りますが、お気に入りの地味系は以下のもの。買うならこれです。この④品種全部植えても面白いね。

イングリッシュ ラベンダー系
  • オカムラサキ= 富良野のラベンダー:可愛い色と形。
ラバジン ラベンダー系
  • スーパーセビリアンブルー:兎に角丈夫で長持ち。
  • プロバンスブルー:これも絵になりそうな気配。
デンタータ系
  • スーパーサファイアブルー:長く花を楽しむことが出来る。


ラベンダーの育て方


  • 風に強そうだ。
  • イングリッシュ系なら寒さも大丈夫。
  • 日当たりは欲しい。
  • 乾燥気味で良い。水はけを確保するため高床にする。
  • 挿し木、種まきで増やす。
<種の入手>

タネの通販?どうもはっきりしない。ところが、ホームセンター、園芸店に行くとタネは200円前後で売られている。発芽率は50%と記載。実力はもっと低いのかもしれない。もっと問題は園芸品種名がはっきりしないこと。「オカムラサキ」「スーパーセビリアンブルー」をタネで入手となると流通しているかどうかさえ分からない。

店頭で見つけた例: