庭木をイルミネーションで飾る


庭木をイルミネーションで飾る

クリスマスシーズになりました。雑草の世話はゼロではないですが少ないですね。庭を見回りして冬場も頑張っている雑草を探すと幾つかその姿を見つけ出すことが出来ます。鎌で根っ子ごと除去します。

枯葉の下にも注意しましょう。しっかり越冬中の雑草を見つけることが出来るかもしれません。

間違って、自分で植えたものまで駆除しないように注意してください。はっきりしない場合はそのままにしておきましょう。姿が大きくなれば自然と判断がつきます。

冬場は葉を落として殺風景な木々が目立ちますから、寒さに弱い気の場合は幹巻きなどで覆って印象を変えます。雪の降る地域なら枝を吊る縄を張っても面白いです。 もう一つの楽しみはやはりイルミネーション。

イルミネーションはいきなり庭の垣根や樹木や家の壁面など全体をやる必要はないでしょう。数年掛けて徐々に形を整えていくのが素人電飾の楽しみです。3年計画ぐらいで。

(1)グランドデザイン

全体のイメージを明確にします。家の中から見て楽しみか、通りの人が見て楽しむか、庭に出てホットウイスキーを飲みながら楽しむか、それらの組み合わせか。イルミネーションを見てもらうお客様(自分、家族、世間のへの見栄?など)を明確にする。

両方かイルミネーションは節電を考えたらLEDタイプでそろえていきましょう。

(続く)