果物はなぜ美味しいのか?


果物はなぜ美味しいのか?

まあ単純に考えれば、

美味しい果物は動物が食べるから、種子も遠くに運ばれて多様な環境で生き延びるチャンスが広がる。

不味い果物は誰も食べないから、親木の足元に種子がばら撒かれ群生するに留まる。

結局、

世界には美味しい果物だけが広がり、美味しくない果物は限定的に生き残る。よく目にして鄭取る果物は美味しいものとなる訳だ。



果物の甘さは果糖。葡萄糖と違ってエネルギーになるには少し時間が掛かる。逆の発想をするなら持ちが良いのだ。長持ちするエネルギーになるだろう。