シュンランを植える


https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3&rlz=1C1AVSX_enJP400JP407&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=ozoJVeXvH8immAXVkYDgDg&ved=0CAcQ_AUoAQ&biw=882&bih=422&dpr=1.5#imgdii=_

シュンランを植える
  1. 結構デリケートな植物だ。
  2. 直射日光に弱い、やや日陰。暗すぎてはいけない。西日は避ける。
  3. 乾燥には弱い。湿度は欲しい。乾燥には比較的強い。加湿には弱い。水はけは良きこと。風通し良きこと。
  4. 病気に弱い。病気を発見したら株ごと捨てる。もしくは完全に分離する。伝染に弱い。病気の早期発見が大事だがなかなか難しい。カビ、変色、萎れ(しおれ)などで判断する。断定できない時は完全に分離。
  5. 肥料は多く求めないはずだ。
  6. 土壌は自分で工夫してもいいが、和ラン用に市販されているものを使いたい。
  7. 寒さには強いと言うものの霜が降りるような場所・地域ではマルチングは欠かせない。鉢植えなら屋内に取り込むか、鉢ごと地中に埋めてマルチングを施してもいいだろう。
  8. 夏の暑さより、夏の直射日光に注意。
  9. 増やし方は株分け。株を小さくすると花を咲かせる力も出なくなるらしい。勝手に増えて株分けを自然に行えるようになればベストか。
  • 以上から判断して、集中して栽培するのは避けたい。適当な場所が不明の場合は鉢植えから始めるのが良さそうだ。地植えはそれなりのノウハウを得てからでも十分だろう。

  • 留守にするときの注意:
  1. 屋内なら北側の光の弱いところに液肥を数本程度差しておく。受け皿にも少し水を引いておく。
  2. 屋外なら日陰の地中に埋めておく。雨は受けるようにしておく。
  3. 地植えの場合はペットボトル(2L)に水を満たし逆さにして左右2か所程度地中に挿しておく

シュンラン(春蘭)はある程度まとまって植えた方が見栄えがいい。一つ一つは地味だが、群生は見ごたえする。狭い庭ではなかなか難しいが、少し大きめの植木鉢に密度高く植えるとなかなか良さそうだ。先ずはそういう絵姿を目指して頑張ってみよう。



<見直し>

魅力度:

  • 日陰にそっと花を咲かせるのが魅力。正面から取り上げると期待外れ。
  • シュンラン(春蘭)は遠目には花も見栄えしない。長くのびる葉は立派だが、グランドカバーのように使えるものでもなさそうだ。単独で見ると鉢植えでも地植えでも収まりが悪い。

位置づけ:

  • 自然なグランドカバーに紛れるように配置する。
  • グランドカバーの淵でひっそりと生きているスズランとかと同じ位置づけかな。花が咲いた時だけ存在を確認するが、後は全く目立つことのない片隅の存在。鉢植えはバタバタするだけで満足度は低い。

植え場所:

  • 樹木類の足元に他の似たような植物と並べて植えるのが良さそうだ。あまり低木では見栄えしないし、高木では雨避け日差し避けの役割を果たせない。中低木の足元が良さそうだ。
  • 庭にある古い樹木が環境の安定性も高く良さそうだ。可能なら植える辺りは少し盛り土して高土にしておく。
お世話:
  • 基本的に放置。雑草の刈り込み、ゴミの除去など庭の日常的な管理の範囲にとどめる。