花柄(はながら)摘みの効用



花柄(はながら)摘みの効用

花が咲いて受粉が終わって花が萎れる。次に種を育てる。花の栄養は種を成長させるのに使われる。花柄が残っていると、次の花を咲かせるより種作りが大事になる。特別種を収穫する目的が無く花を多く咲かせたいなら派ながら積みは必要という理屈だ。種を形成するところまで取り払わないといけない。

花柄の表面は命が通っていないのでカビとかに取り付かれるリスクもあるらしい。



たかが花柄摘みされど花柄摘み

植物によって方法が変わることがあるようです。理屈はまだ分かっていません。其の内、勉強しましょう。

ですから、取敢えずは、都度調べてから取り掛かりましょう。