今年のコニシキソウ

小錦
コニシキソウと小錦は無関係です。

今年のコニシキソウ

今年のコニシキソウは対策の成果が一巡して油断した分けでもないが例年になく元気だ。

梅雨が明けると、庭の土を掘り起こしたような場所を中心に動きを見せ始めた。尽かさず根っ子から抜き取る。

夏になると乾燥に強いコニシキソウは元気いっぱいだ。他のグランドカバーが暑さにやられてしまう場所で葉を水平に伸ばし始めた。見つけ次第、根っ子ごと抜き取る。

コニシキソウを見つけた場所には苦土石灰を撒いておく。酸性が強くて他の植物が動けなくなっている可能性があるからだ。



グランドカバーが頑張っているところではコニシキソウは動きがない。まれに着生したり発芽したりしても水平に伸びることが出来ず、上に茎葉を伸ばすしかないから直ぐに発見できる。御用御用と根っ子ごと抜き取る。

グランドカバーと言うような格好いいものでなく、普通に雑草が頑張っているところもコニシキソウは苦手みたいだ。先着している植物が少ない、すなわち植物にとって悪環境のところがコニシキソウの天下みたいだ。だから、地肌が有れた場所を特に注意して観察するとその年のコニシキソウの勢いが分かる。