ネコヤナギの剪定について調べる

_

ネコヤナギの剪定について調べる

  1. ネコヤナギの花は冬の終わりに顔を出す綿帽子のようなふわっとしたものだが、小さな虫が蜜を吸いにやってくる。季節が進むと、疲れた表情の綿毛がすとんと落ちる。実がなった話は聞いたことが無い。落ちたものの中に種が入っているのかも知れない。すとんと落ちたとしたが、風が吹けば遠くに落ちるだろう。
  2. ネコヤナギの実・種子を見ないのは当然で雌雄異株らしいからもう1本必要。それの雌雄が分からなければ頼りない話になる。

  • 剪定時期
  1. 花が終わったら。だから4月は剪定時期になる。
  2. 剪定した後も元気が良くて想定以上に伸びたら6月に再度剪定する。樹形に問題が無ければ4月の1回でOKかな。
  3. 注意すべきは夏の剪定。夏は翌年の花芽の元を作る時期らしいから、 このタイミングで剪定すると翌年は綿毛の花を楽しめない。多分、同じ理由だろうが、夏の日照り乾燥のダメージを受けても翌年の花付きは悪いことになるに違いない。
  • 剪定方法
  1. これがよく分からない。
  2. 伸びすぎたら切る?。自分の身長を超えない高さ。例えば150センチ以上伸びたら、120センチ辺りでカットする。まれに、ネコヤナギの大木(?)を見るがまるで印象の異なる別物。こういう風にしてはいけない。好みの問題ではあるが。
  3. 植えている環境によっては、夏の日照り対策のために、全体に少しずつ切り戻しておくのも必要。これは挿し木に使うことができそうだ。
  • 増やし方
  1. 挿し木が普通らしい。4月の剪定で出た枝をそのまま挿し木していいだろう。
  2. 何とか活着しても、問題は夏越し。暑さと乾燥。手間を掛けずに乗り切る方法があればいいのだが、雨に当たるけど日陰になるような場所を作るしかない。蒸散を防ぐようなマルチングを施すのも忘れてはいけない。
  3. 挿し木用の用土、発根促進剤、小ぶりのポット。日陰の場所に少し穴を掘ってポットを半埋めにする。
  4. 無事に夏越しできたら、親のネコヤナギの近辺に植えたい。綿毛の花はある程度まとまっていた方が見栄えが良い。アジサイの間に植えても良いだろう。