ビンカ:ミノール(ヒメツルニチニチソウ)を植える

/

ビンカ:ミノール(ヒメツルニチニチソウ)を植える


ツルニチニチソウの葉は斑入りで明るい色をしていて華がある。ヒメツルニチニチソウは濃い緑色のモノクロームで落ち着いた雰囲気。

どちらも春に似たような紫色の花を咲かせる。グランドカバーとして節度ある華やかさ。

性質はヒメツルニチニチソウの方が幾分弱いように思う。

挿し木をしておいたツルニチニチソウは3回目の冬越しは寒さなど意にも介さず既に雑草のような勢いでのさばっているが、ヒメツルニチニチソウの方はかろうじて1株が最初の冬越しをできたようなレベル。姿が地味過ぎて草刈りをしていると一緒に切ってしまう恐れもある。

多分、世話要らず。春か秋に適当に挿し木しておけば頑張ってくれるだろう。でも夏の暑さと乾燥を心配するなら挿し木の時期は秋を選ぶべきだろう。ある程度世話を焼くことが出来るなら何時でもOK。理想のグランドカバーの一つに違いない。



狭い庭にグランドカバーを幾つか入れるとそこは凄まじい戦いの場になる。ツルニチニチソウとこのヒメツルニチニチソウがどのようなポジションを取っていくのか興味深い。