アサギマダラを呼び寄せるフジバカマを植える


アサギマダラを呼び寄せるフジバカマを植える

  1. アサギマダラは素敵なチョウで一度見ればその魅力に取りつかれる。
  2. 南方から日本を北上するので考えようによってはどこにでも舞い降りる可能性がある。
  3. フジバカマを植えればアサギマダラの目に止まればチャンスがある。実際は匂いなのかもしれないが。
  4. ということで、フジバカマを植えよう。
  5. 自分の家の狭い庭だけでは不足だろうから、発想を変えて近くの公園とか路傍とかに植えるのがいいだろう。
  6. 幸い、フジバカマは相当丈夫な植物だ。


フジバカマを植える

  1. 案外乾燥に弱い。西日の当たる場所は避ける。フラワーポットは無理だな。
  2. 肥料は腐葉土程度で十分らしい。
この場合は、増やし方がポイントだ。
  • 株分け(3月)
  • さし木(6月)
  • タネまき(9月)
  1. 種まきは面倒で不確かだ。庭の花が咲いて零れ種で勝手に増えてくれればいい。
  2. 挿し木・挿し芽は一度に多くチャレンジできるから生産性が高そうだ。これが本命。ルートンを使ってみよう。
  3. 株分けは増やすというより手詰まり解消の方法。 庭植えのフジバカマが隣の植物に影響しそうなときに株分けで整理する。

  • 自分管理の外
  1. 余っている古い植木鉢を活用する。庭の空きスペースや家の周囲に並べてもいいだろう。
  2. 北側・東側のスペースにも植えてみよう。
  • 自分管理の外
  1. 雑草に間違われない工夫がいる。
  2. 道端のスペース。
  3. 街路樹の足元。
  4. 公園の空きスペース。