雑草と雑木<自然流が基本>

/

雑草と雑木<自然流が基本>

雑草の樹木版が雑木。雑木の集合体が雑木林。生態系にとっては欠かせない存在だ。雑草も基本は同じ。雑草野原も雑木林も時間を掛けて淘汰が行われると勝ち残った草木が一面に栄える立派な(?)野原や森林になる。

自然の摂理を無視した草花や樹木を植えることは基本的に無理がある。小さい庭でも、土壌の性質(水はけ、土壌の深さ、酸性度、成分、雨量、風の向き、日当たり、温度湿度環境について季節変動も踏まえてどれだけ理解するかはとても重要だ。



何かの拍子で庭に零れ落ちた樹木の種が芽を出すこともある。実生の目を出す姿はどれも可愛いものだ。最初は何の植物だろうかと興味津々になるが、やがて珍しくもない雑木と知って引っこ抜く。運よく好きなものなら一旦彫り上げてしかるべき場所に植え替えるのだがそういうことは殆どない。

地中に余計な根を張られるのを嫌う人は最初から無慈悲にも引き抜いてしまう。人それぞれだ。

土壌改良に雑木を使うアイデア

雑木でなくても普通の樹木で構わないが、樹木が育たないこともあるので駄目元でやるなら雑木で十分。むしろ根張りの力の強い雑木が好ましいかも知れない。

宅地造成時にいい加減な土を混ぜて盛り土などがされていると、不良土壌に唐突に突き当たる。雨の日に庭を見ると不自然な水たまりを発見できることがある。このような時は直系10センチで深さ1メートか2メートル程度深い穴を開けて、腐葉土の類を埋めてやる。鉄パイプがあれば比較的簡単に開けてやることができるだろう。

水が逃げる道を作るのだが、雑木の根っ子にこの役割を果たせてやろうというアイデアなのだが、当たるも八卦当たらずも八卦の世界かな。



庭の手入れは日本の伝統的な考え方、自然の姿を取り入れる方法が長い目で見れば優れているだろう。

雑草には薬を使わないで別の草で対抗する。グランドカバーも西洋式のものでなく地場の植物を利用する。樹木の剪定も出来るだけ自然樹形。