いつまでも実を付けないイチジク

/

/

いつまでも実を付けないイチジク

  1. 2本のイチジクを植えた。1本は実を付け始めた。1本は知らん振り。どうして?
  2. イチジクにはオスとメスがあるのだろうか?
  3. 調べたら、イチジクにはメスとオスがあるそうだ。
  4. イチジクのオスとメスと受粉とイチジクコバチのオスとメスと結構複雑な関係みたいだ。
  5. 結局、日本にいるのはメスのイチジクだけということだ。挿し木で増えるだけ。全部クローンだ。知らない物語が幾つもありそうだ。

  1. さてと。その2本のイチジクは2本ともメスであるに違いない。結構、冬は寒い。時には雪も降る。イチジクは本来は熱帯、亜熱帯の植物だ。無理して、日本の地に来ているのだから、まだ体力が追い付いていないと見るべきだろう。
  2. 冬の養生はまだまだ必要と言うことだ。もう少し、お互いに頑張るしかあるまい。


(追記)

2017年の夏も1本は実を付け1本は実を付けない状況が続いている。

イチジクが実を付けない

対策は結局をどうするのが正しいのだろうか。樹木が大きくなって空間が込み合ってきたから1本間引いても良いのか、それでは命を粗末にすることになるので小振りに空間に収まるように剪定しておくのが良いか。

WEB上の記事を探すと以下のような記載があるがどれも今一決定的でない。何せ同じように世話している二つ並んだイチジクの一つに実がならないのだから。
  1. 日当たり
  2. 土壌、肥沃度、アルカリ度
  3. 剪定
  4. 害虫(カミキリムシ)
  • 実を付けないからと言って切り払うのは可哀そう過ぎるから小さくしかし大事に今後も面倒見ていくことにする。大事な植物ファミリーなのだから。