スギナを駆除する

.

スギナは雑草の王様の一つ。そんなイメージだ。ツクシはスギナの地下茎に出来るものらしい。可愛いつくしを喜んでいると地下はスギナに侵食されているということかな。スギナの根(地下茎)は地獄まで伸びているというらしいが掘って調べたこともない。

スギナの被害は特に感じないので、それほど目立つ存在でもないから、放置しておいても問題ないと思う。
狭い庭でも、日の当たらない場所に若干見かける。



スギナの実害についての記述が見当たらない。好き嫌いがあるから目にしたくないならそれも実害かも知れないが、さほど深刻になる必要はないだろう。地下茎の菌が樹木や花や野菜に悪さをするなら困るが特段のことが無ければ放置して良い。

スギナ自体は痩せた土地で地味に生きながらえているうちにタフになっただけなんだろう。大昔、巨木にまでなって繁栄していたころは恐らく全体が痩せた土地でライバルも少なかったのだろう。

狭い庭でも他にも雑草がたくさん居るからスギナも滅多なことではメインエリアに進出できない。だからと言って、油断してほかのグランドカバーを駆逐する状況になったら深刻だが、今のところそういう気配はまったくない。



駆除する発想より、好きなグランドカバーを植える方を考えれば十分でしょう。自然と土壌改良も進んでスギナは極小化していくのが期待される。

多くの場合、スギナが集団で生えている場所は何も手入れしていない放置エリア。スギナの駆除相談と言うのは何か違和感がある。放置しておいた土地にスギナが生えていただけで、何かに使いだせばスギナは消えていくはずだ。



ネットで探すとスギナの駆除には苦土石灰が良いとか、肥沃化が良いとかの記述がみられる。そうかも知れないがあまり興味はない。スギナを駆除した後どうするかが問題。

単に植物と言う命を根絶させたいなら無機質なもので厚く覆えばいいし、ホルモン系の薬剤を撒いて自分の健康まで危険に晒しても良い。 こういう発想は業者の人しかしないものだ。

生きた化石が庭の隅で細々を命を保っているなら応援していい。