エボルブルス(アメリカンブルー)を植える


エボルブルス(アメリカンブルー)を植える

開花期間が長く、植物としても丈夫なので、無精者のガーデナーには最近富に人気がある。

ブルー系ではネモフィラとかワスレナグサとか、日本人好みの小振りで淡い色合いものもあるが、アメリカンブルーは少し大きく少し鮮やかな感じ。あるポイントにアクセント的に配置するのが無難か。

エボルブルス(アメリカンブルー)

花は直立しない。横に伸びるんだろう。吊りポットとかは様になる。寄席植えの足元のカバーにもいい。

庭に下ろすと花壇エリアのグランドカバーに出来るだろう。



1年草、多年草、低木ものなどがあるようだ。 アメリカ原産が多い。

5度までなら寒さに耐える。温暖地なら冬も外に置ける。地植えOKということだ。最初から倒れているので、少々の風なら気にすることは無い。乾燥にも強い。言うことナシだね。

霜が降りるような寒冷地は地植えはアウトだ。 ポット植えなら屋内に取り込む。



面白いもので、色で花を選ぶ人が多い。

好きな色で庭を飾りたい。当然だろう。1年通じて同じ色にこだわる人もいれば、季節の移り変わりに応じてメインカラーを変えていく人もいる。常にミックスとかも。庭の位置で色を変える人も。