キウイフルーツを植える


キウイフルーツを植える


発想が短絡的ですが、普段あまり食べないキウイフルーツを買って食べたら意外と美味しかった。酸っぱいだけで不味いフルーツと思い込んでいたのが間違っていたようだ。これなら庭にでも植えて自分で収穫出来たら楽しいだろうと。例の緑のカーテンに出来れば願ったりかなったり。そういう虫のいい安直な発想は直ぐに破たんするものです。

甘いキウイはゴールドとかゴールデンとかの名前の品種。ニュージーランド産でテレビでも宣伝が流れている。植えるならこの系統の品種だね。

キウイは雄雌の2本以上を植えないと交配受粉?が出来ないらしい。雄木は1本あれば十分。雌木は必要なだけ。と言っても狭い庭ならそれぞれ1本がせいぜい。

キウイは収穫してから完熟させて食べる果物らしい。西洋梨と似た取扱いになる。面白いと思うか面倒と思うか。自分の性格まで分かる曲者だ。

キウイはなかなか葉が落ちないらしい。夏は緑のカーテンを歓迎できても秋以降は程度問題だ。ということだが、半目隠しと思えば、落葉時期が遅いのは障害にはなるまい。枯葉が付いたまま春を迎えても気にならない。見苦しいかな?。



キウイフルーツの育て方

酸性土は苦手だから苦土石灰を入れて中性にすること。極度の乾燥に弱い(殆どの植物は極端な乾燥は苦手)から、特にプランター~植木鉢での栽培では要注意。緑のカーテンだけならあまり気にすることもないが、収穫を楽しむには受粉と摘蕾・摘果が欠かせないので、その分は手間がかかる。


  • ゴールドキウイ:品種名:ホート16A
  • キウイ通販(ホート16A):これ、お値段が結構高い。困ったね。小さな苗木でも売っていないかな?。
  1. サカタのタネ オンラインショップで購入できそうだ。会員登録してから手配だ。花ひろばオンラインでも購入できそうだ。
  2. キウイはオス木・メス木が必要。最低2本入手する必要がある。2本あっても緑のカーテンに使えば算盤は合いそうだ。
  3. 植え付けは3月。収穫は11月。何と無く時期外れだな。基本的に寒さには強いが、苗木・幼木の耐寒性は高くないので、最初は鉢植えで冬は取り込むか、防寒の手当てが必要だ。