普及が待たれる「スパルタ式農法?永田農法?スパルタ式トマト」


普及が待たれる「スパルタ式農法?永田農法?スパルタ式トマト」

スパルタ式農法

スパルタ式トマト

畑を耕さない。土を硬いまま、石交じりで、観想させてかちんかちんにしておくとなぜか、種本来のパワーで成長し美味しいトマトになる。原産地の議事環境で育てる。日本の環境だと本来のものとはかけ離れた味のない作物になってしまう。

まあ、実際には土もビニールシートで覆い超乾燥を作る。ビニールハウスだけでは空気中の湿度が土壌に入り込むから。梅雨時は尚更。

神戸大学の永田照喜治さんの提唱する農法で永田農法とも言われている(そっちの方が普通かも?)。

まあ、兎に角、この農法で作ったトマトが埼玉県の園芸店でバカ売れしているらしい。これは本物志向の日本人にぴったりだ。日本中に流行るかもしれない。期待しましょう。



緑健農法、ルーツ農法などの言い方もある。トマト以外にはジャガイモ、ほうれん草などがこの農法の対象に該当するようだ。