ハナトラノオを植える



ハナトラノオを植える

ハナトラノオ

秋風が吹いて草花も地味になる中で元気にピンクの花を咲かす。回りはどちらかというとキクの仲間ばかりだが、ハナトラノオはデザイン的にも存在感があって面白い。

北米東部原産の宿根草とある。開花期は7月~10月。夏から秋まで。夏は他の花に紛れて目立たないが秋には存在感が出るということなのだろう。

暑さ寒さに強いということだから、極端な状態にならなければ勝手に増える雑草のようなものかな。散歩をしていると見かけることもあるが、一株ぐらい持ち帰っても構わないかも知れない。わざわざ買う花でもなさそうだ。

もっとも市街地となると勝手に持ち帰れるほどどんどん増えて困っている状況はないだろうから大人しく花屋さんで買いましょう。



フジバカマも勝手に増える丈夫な花。

この手の花は昆虫(チョウ、ハチなど)を呼び寄せるので、手間なく色々楽しめる花ともいえる。