葡萄の実生


葡萄の実生

果樹類の実生は味を期待できない。

  1. 食べた果実は接木/挿木で特性を繋いできた木(A)のものです。(A)は最も成功した固体のクローンです。
  2. その木(A)と 何かの受粉樹(B)で受粉させて出来たものが食べている果実・種(C)。
  3. 其の(A)の特性がタネ(C)にまで繋がっている訳ではありません。
  4. 実生のもの(C)が無事に育って適当な樹木(B?)と交配して花が咲くこともまれです。其の花から実がなることは更にまれです。其の実が食用に耐えるレベルで充実することは更に更にまれです。
  5. ですから、結論は冒頭のようになります。期待できないのです。
実生は其の成長プロセスを観察して楽しみます。趣味がある人なら盆栽のように仕立てることも楽しむことが出来ます。 写真に収めてアルバムや記録にしても良い。それで十分でしょう。