ミョウガ(茗荷)を植える




ミョウガ(茗荷)を植える

ミョウガ(茗荷)

因みに冥加(みょうが)は江戸時代の税金の一種。冥加金。お間違いなく。

ミョウガの育て方

手間いらず。勝手に育ち増える。あまり増えたら3分の1程度を間引いてやる。



放っておくと株が増えて混み合ってくるらしいから、グランドカバーに出来なくもないかな。食べようと思うと食べごろサイズが欲しいから間引くが、グランドカバーなら放置でよい。

コンセプト的にはアカシソに近い。

ただ、残念なことに、こういう背丈の植物は中途半端で、藪蚊が潜む絶好の場所になる。下に雑草も生えてくるし、結局は手間が掛かるかも知れない。